ケースや金属面のケアも考える!機械式時計を優しく扱いましょう

金属面の手入れを優しく行う

毎日のように機械式時計を身に着けていると、汗や皮脂による汚れが時計に付着してしまいます。金属面やケースに汚れが付着している事は、他人から見ても分かりやすいからこそ、定期的に汚れを落とすようにしましょう。機械式時計の汚れを落とすためには、セーム革などの柔らかい生地を使うようにすると、時計に傷を付けずに済みますよ。ベゼルなどは細かく作られている事が多いので、綿棒などの柔らかい棒を使って汚れを綺麗に取ってください。

革ベルトは臭い対策も行いましょう

外出前には機械式時計の革ベルトだけでも、ケアをしておかなければ腕から臭いが発生する事になりかねません。革ベルトには汗が染み込んでしまうために、定期的なケアが必要になります。柔らかい生地で革ベルトを拭いてあげるだけでも、表面に付いた雑菌や汚れを落とせますから、毎日の手入れを忘れないようにしましょう。専用のクレンジングオイルで拭いてあげると、染み込んでしまった汗などの汚れも綺麗にできて、臭いも気にならなくなりますよ。

風防ガラスの砂ぼこりなどは綺麗に落としておく

砂嵐が吹き荒れるような場所を通った後には、機械式時計の風防ガラスを綺麗にしておかなければいけません。砂ぼこりが風防ガラスの表面に付いた状態で、時計がカバンなどに擦れてしまうとガラス面に傷が付く場合もあります。綺麗に砂ぼこりを落としておくためにも、柔らかい生地をカバンの中に入れておきましょう。そして砂ぼこりが付着したのを確認したら、すぐに時計の表面を拭いておくだけでも、風防ガラスに傷が付くのを防ぐ事ができますよ。

ウブロはスイスに本社を置く高級時計メーカーです。会社名はフランス語で舷窓を意味します。ビスで留めたベゼルを特徴としています。